flash

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 





  • トラベルウェブマガジン旅色

HOME > 周辺観光 > 尾道
hr


【のんびり瀬戸内クルージング♪鞆の浦-尾道航路を満喫】
※冬季運休

尾道〜鞆の浦航路(瀬戸内クルージング)
【URL】 http://s-cruise.jp/ (瀬戸内クルージング)
【電話】 0865-62-2856
【運航日】 ※最新の情報は瀬戸内クルージング社HP http://s-cruise.jp/ をご確認くださいませ。



尾道〜鞆の浦航路(JR西日本)

   拡大表示いただけます。









- お寺めぐり -

 

千光寺

千光寺山の中腹に位置する、尾道を代表する観光地「千光寺公園」。
朱塗りの本堂「赤堂」や“日本の音風景100選”に選定された「鐘楼」はこのお寺のシンボル的存在です。
ここでしか買えない、ぴったりの人と巡り合えるという縁結びお守り800円が大人気!


〒722-0033 広島県尾道市東土堂町15-1
電話番号0848-23-2310
ホームページ http://www.senkouji.jp/



目次にもどる


 


千光寺山ロープウェイ

全長365m、千光寺公園まで一気に登ることができるロープウェイ。尾道水道や向島の街並み、尾道の街並みやシンボルの天寧寺海雲塔などが見下ろせます。頂上に近づくにつれ次々に移り変わる景色を見下ろしながら、3分間の空中散歩を楽しめます。

〒722-0033広島県尾道市東土堂町20-1
電話番号0848-22-4900
[料金]片道320円、往復500円
[営業時間]9時〜17時15分(15分ごとに運行)
[休み]無休(荒天時、点検時休み)
ホームページ http://www.onomichibus.jp/ropeway/

目次にもどる


 


浄土寺

616年、聖徳太子の創建と伝えられており、足利尊氏が九州平定や湊川の戦の際、戦勝祈願をした寺としても有名です。「本堂」と「多宝塔」は国宝、「山門」と「阿弥陀堂」は国重文、境内一帯は国指定文化財に指定されています。奥の院から見下ろす尾道の街並みは尾道を代表する風景の一つとなっております。

〒722-0043 広島県尾道市東久保町20-28
電話番号0848-37-2361
ホームページ http://www.ermjp.com/j/temple/




目次にもどる


 


持光寺

「石のまち“尾道”」にふさわしい堂々たる構えの石の門が特徴の持光寺。国宝の「絹本著色普賢延命像」があります。梅雨の季節にはあじさいが一面に咲き誇り、別名「あじさい寺」と呼ばれています。持光寺では、自分で粘土を握って仏様を作る「にぎり仏」が体験できます◎

〒722-0032 広島県尾道市西土堂町9-2
電話番号0848-23-2411
にぎり仏:1500円(送料別)
ホームページ http://jikouji1.blog.fc2.com



目次にもどる


 


天寧寺海雲塔

天寧寺は貞治6年(1367)に室町幕府2代将軍・足利義詮によって造られました。元中5年/嘉慶2年(1388)に五重塔として造られたが、元禄5年(1692)に三重塔に改められました。国指定の重要文化財の海雲塔とともに眺める尾道の街並みは風情溢れる風景となっています。

[電話]0848-22-2078(天寧寺)
[住所]広島県尾道市東土堂町17-29
[料金] [営業時間] [休み] 外観見学自由
ホームページなし



目次にもどる




- 名所めぐり -

 


U2

情緒溢れる尾道に、倉庫をリノベーションした素敵スポットが新たに登場しました。
広島の誇る若き建築家、谷尻誠さんのデザインで倉庫のノスタルジックと大人モダンなインテリアとなっています。
建物内にカフェもあり、海を眺めながらすごくゆったりできる空間となっています。

〒722-0037 広島県尾道市西御所町5-11
TEL:0848-21-0550 FAX:0848-21-0552
ホームページ http://www.onomichi-u2.com/



目次にもどる

 


尾道本通り商店街

JR尾道駅の美津子像前から東に1.6km続く“尾道本通り商店街”。6つの商店街が並び、約400もの店舗が立ち並んでいます。商店街の中には「イベントの館」や「郷土資料館ふらっと」、「絵のまち館」などの尾道の歴史や芸術作品に出合える店舗もあります。


尾道市商店街連合会 0848-23-5001
ホームページ http://okaimonomichi.jcom.to/





目次にもどる

 





工房尾道帆布
かつて海上交通の要衝で北前船の寄港地だった関係から、盛んに織られていた帆布。色鮮やかで使いやすいデザインに加工された帆布製品が揃う“工房尾道帆布”。向島で織られる尾道帆布を使用したしっかり生地のバッグは、色や柄を自分流にオーダーメイドも出来ます。尾道観光の記念に、お土産なんていかがですか?

広島県尾道市土堂2-1-16
電話番号0848-24-0807
ホームページ http://www.onomichihanpu.jp/?home
営業時間10〜18時
休み 木曜(祝日の場合は営業)

目次にもどる



尾道小路

定番の“尾道ラーメン”や“かりんと”“尾道サイダー”をはじめとし、広島県内のこだわり商品を集めております。
季節のお茶や人気のお菓子を取り揃えてお待ちしております。

〒722-0034 広島県尾道市十四日元町3-32
電話番号0848-20-8377
営業時間10:00?18:00定休日木曜日
(季節により変更の場合あり)




目次にもどる






- 美術館めぐり -

 


なかた美術館

日本とフランスの近代絵画を中心とし、常時約200点余りを所蔵しており、コレクション展や特別展を企画・開催しています。
併設するフレンチレストラン「ロセアン」では、ランチ・ティータイムはもちろん、美術館閉館後もゆったりとした空間でライトアップされた庭園を眺めながらの本格的なディナーが楽しめます。
〒722-0012 広島県尾道市潮見町6-11
電話番号0848-20-1218
ホームページ http://nakata-museum.jp/
営業時間9:00〜17:30(入館は)17:00まで
定休日月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休館)、夏期・年末年始、その他展示替え休館あり

目次にもどる

 


おのみち海辺の美術館

尾道水道沿いの遊歩道の壁面約150mに渡り、尾道の絵画コンクール「絵のまち尾道四季展」のグランプリ作品13点
を展示しています。尾道の街並みやイベント、生活風景などが生き生きとしたタッチで描かれていることが特徴です。
夕日に染まる尾道水道をバックにゆっくり散歩をしながら絵を眺めるのもオススメです。

広島県尾道市土堂の海岸一帯
電話番号:尾道市観光課 0848‐38‐9184
ホームページなし


目次にもどる

 


尾道市立美術館

市民運動により昭和55年に、千光寺公園に開館した尾道市立美術館です。平成15年、世界的な建築家安藤忠雄氏の設計による改修工事を終えて、リニューアルオープンいたしました。時代や国境、さらにはジャンルを超え広範にわたり質の高い芸術を提供することによって、地域とともに文化を育み日本と世界の伝統を担う芸術と文化の橋渡しを行っています。

〒722-0032 尾道市西土堂町17-19
電話番号 0848-23-2281
Fax. 0848-20-1682
開館時間 9:00〜17:00(最終入館は16:30)
休館日 月曜日、年末年始(12/29〜1/3)、その他臨時休館あります。
目次にもどる











- お寺めぐり -

 


耕三寺

元実業家の耕三寺耕三氏が母の菩提寺として建立したお寺です。
堂塔は様々な国宝建造物を手本として建てられ、内15棟は国登録有形文化財に登録されています。
境内一帯を博物館として公開しており、各展示館には仏教・茶道・近代美術の名品を展示しています。
また現代美術の大理石庭園「未来心の丘」は人気の観光地となっております。
〒722-2411 広島県尾道市瀬戸田町瀬戸田553-2
電話番号0845-27-0800
ホームページ http://www.kousanji.or.jp/
定休日年中無休


目次にもどる

 


大山神社

宝亀4(773)年、大三島の大山祗神社より分霊・創建されたと伝えられており、因島最古の神社とされています。また「せとうち七福神」の1番「だいこく」2番「えびす」が祀られており、大きな宝船が神社のシンボル的存在となっています。
また境内には全国的に珍しい耳を祀った「耳明(みみご)神社」があり、3月3日の耳の日に「耳祭り」が開催されます。最近では、自転車祈願も行われています◎
〒722-2323 広島県尾道市因島土生町1424-2
電話番号0845-23-6000
ホームページ http://ooyama.jinja.net/jp/



目次にもどる

 


西國寺

仁王門には室町末期作の2体の仁王像が安置されており、その健脚にあやかり2mを超える巨大な草履が奉納されています。そのほか金堂や足利六代将軍・義教の寄進と言われる三重塔など数多くの重要文化財を抱える尾道を代表するお寺のひとつとなっております。柴燈護摩や節分会など新春の訪れを告げる祭りや桜が咲くシーズンには、多くの観光客の皆様で賑わいます。

〒722-0044 広島県尾道市西久保町29-27
電話番号0848-37-0321
ホームページ http://www.saikokuji.jp/



目次にもどる

 


瀬戸田サンセットビーチ

800mにもわたる白い砂浜と澄んだ青い海は中国地方でも屈指の海水浴場となっています。
海水浴場のほか、キャンプ場などのレクレーション施設も充実しています。もちろん、名前の通り夕日スポットとしても有名です◎

広島県尾道市瀬戸田町垂水1506-15
電話番号0845-27-1100
ホームページ http://onomichi-sunset-beach.jp
【海開き期間】 2014年7月19日(土)〜8月24日(日)9:30〜16:00 ※監守が常駐している時間
【通常業務の営業時間】 8:30〜17:00
定休日12月29日〜1月3日

目次にもどる

 


しおまち商店街

瀬戸田港から耕三寺まで
約600メートルの参道に立ち並ぶ53店舗で構成された商店街です。
古きよき面影を残す商店街となっています。


尾道市 瀬戸田町瀬戸田
電話番号0845-27-2008







目次にもどる

 


平山郁夫美術館

瀬戸田町出身の日本画家・平山郁夫の子供時代の作品やシルクロードの大作などを展示しています。
幼少年期や青年期の作品によって、故郷・生口島の風土がいかに画家の感性に影響を与えたか、いか
にして画家になったかを知ることのできる場所となっています。作品制作の上で重要な一過程で本画と同じ大きさで作られる最終的な下絵の大下図の展示も行っております。

〒722-2413 広島県尾道市瀬戸田町沢200-2
電話番号0845-27-380
ホームページ http://www.hirayama-museum.or.jp


目次にもどる
 


島ごと美術館

“島ごと美術館”は名前の通り、生口島島内の至る所で不思議な形のオブジェを見ることができます。全17作品が屋外に展示されており、作家自らが設置場所を選び、その場所に合った楽器や風、海などのイメージを現代アートで表現しています。

広島県尾道市瀬戸田町
瀬戸田町観光案内所0845-27-0051
ホームページ http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/
www/info/detail.jsp?id=993




目次にもどる



ページの先頭へ




インターネット予約 プランで選ぶ 日にちで選ぶ お部屋で選ぶ